スマートフォン用アプリ「人狼ジャッジメント」のwikiです。



説明

巫女。何かの企画モノではない。
一言で言えば聖職者の能力使用先が自分限定のバージョンである。
1ゲーム中に1度だけ、自分に聖なる護りを得ることが出来る。
聖なる祈りは『バリア』みたいなものだと思えばいい。
このバリアは、一度だけ襲撃、または処刑を回避することが出来る力を持つ。

立ち回り

それほど市民と変わりない、気楽な役職。
人狼の襲撃を誘導し、襲ってくるタイミングで聖なる護りを使用し、自衛することが村利な立ち回りとなる。
しかし自信がない場合や、縄数を奇数に調整したい場合などは、聖なる護りを使い、次の日に巫女coしてしまおう。
そして自分の処刑をあえて促すことで、簡単に真巫女証明が出来る。(処刑を免れる能力は聖なる護りしかない)
聖なる護りは一回使うと消える為、その夜には高い確率で人狼に襲撃されるが、能力を使った後の巫女はただの市民と変わりない。
結果的に考えれば村利に動くことが多いだろう。

気をつけるべきこと

聖なる護りをいつまでも使わないままでいると、あらぬタイミングで疑惑を向けられ処刑されてしまったり、襲撃されたりしてしまう。
宝の持ち腐れにならないよう、気をつけよう。
また、先ほども軽く触れたが、偶数で進行している場合は聖なる護りを使用し自分を処刑させることで、真巫女証明(確白化)し縄も増える。
適切なタイミングで使うようにしよう。
あと、聖なる護りは『使用した晩と、次の日の昼』までが有効期間で、それを過ぎると消えてしまう。
永続効果ではないのでくれぐれも覚えておこう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

役職一覧

人狼陣営

妖狐陣営

ゾンビ陣営

恋人陣営

その他の陣営


プレイヤーID

編集にはIDが必要です